「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

キムタクのドラマの南極。タロジロがやっぱりニューファンだった。。。
タロはいいけどね。ジロは立ち耳なのに。
CMの感じだと他の子はアラスカンハスキーあたりかしら??
やっぱりねー 

かくいう私もカラフト犬は見たことがない。 
ネットで調べても写真は殆ど出てこないし、南極物語以外では聞かない種類だし。
北海道の愛好家が今でも飼っているらしいと聞いたことはあるのですが。。。。
ドラマで本物のカラフト犬が出るかもー?と聞いて期待してたんだけどなぁ。
ちと残念。 
[PR]
さてさて、昨日のアホ顔の新狼ですが、
現在はちゃんとしたお顔になっています。 昨日のアホ面の原因は鼻と舌がないからなのです。
今日はその舌を含めたお顔作り。

したの写真は失敗したした。
c0191646_046359.jpg

試行錯誤を繰り返すこと3回。なんとか思い通りの舌ができま舌。

ダンナ殿に米粒大の犬歯も作ってもらっているので、新狼はとっても手が込んでいます。

10月23日のお披露目が楽しみになってきたこの頃です。





*******************************
現在作っている新郎狼、雰囲気が円山動物園のジェイに似てます。
ジェイのいる円山で開催する狼祭最新情報blogは↓

狼たちのあしあと-Wolf Festival2011の舞台裏
[PR]
シルバーウィークの後半、この三連休は何とか手作りの神を降臨させ、押せ押せになっていた作りモノ作業をまとめて制作。

まずは狼祭で販売予定のお弁当袋。
c0191646_0154151.jpg

二種類の柄で作りました。まとめて10個を縫うのは結構大変! 
ミシン作業だけで、ほぼ一日かかりましたが、こうやって出来上がってみると楽しいものです。


そして、ウエディングウルフの新狼。
c0191646_01924.jpg

この時点でかなりのアホ面。。。こんな婿ヤダ。。。
果たして、大丈夫なのか??


ウルフはこれから装飾関係もやらなきゃならないので、まだまだです。
しばらくは手作りの神に滞在してもらわねばー!!


*******************************
この連休で作ったお弁当袋は狼祭にて販売されます。
狼祭最新情報はblogでチェック

狼たちのあしあと-Wolf Festival2011の舞台裏
[PR]
最近やたらとグルメレポート化してますが・・・
ネットで記事を見つけて、気になっていた「ガリガリ君プレミアム」を買ってきてもらいました。
c0191646_175880.jpg


ガリガリ君30周年を記念してつくられたスペシャルなアイスなんです。
c0191646_181267.jpg

おっと、写真を撮る前に思わず一口食べちゃいました!
砕いたガリガリ君の真ん中にバニラアイスが入っていて、クリームソーダを連想させる味わいです。
おおー!美味い!! 2個くらい一度に食べれちゃいそうです。

が・・・・
ネットで調べたらなんと158円!!たっかーー! さすが値段もプレミアム。

向い側で普通のバニラアイスを食べていたダンナが、
「それ、普通にバニラアイスかってさぁ~普通のガリガリ君砕いていれりゃあ、その値段で3個分くらい食えんじゃないの~」 と。。。

「・・・・・・」

まあ、美味しいから良しとしよう。 
冷蔵庫にまだ二つあるガリガリくん。大事に食べよっと。

(ちなみに買ってきてくれたダンナさんは、値札をちゃんと見ないで買ったそう。 158円と言ったら「たっけぇー!そんなのガリガリ君じゃねぇー」と呟いていました。)





*********
狼祭のblogが出来ました!
祭開催までの裏話など、狼祭の最新情報はコチラで
狼たちのあしあと(←クリック)
[PR]
c0191646_227376.jpg

関東を直撃した台風15号、横浜は通り過ぎたので雨は止んでいます〜

うちの会社は3時半頃、小田急、東海道線が止まり始めてからやっと会社から帰宅命令が出ました

が…既に辺りは暴風雨。
ホントに空がゴーゴー鳴ってるし…

これがピークなのか?と思いつつ、実家に帰る事に…

しかし台風15号、この時はまだ暴風域に入ってなかったのです

最寄りのバス停から実家まで通常歩いて5分の道のりなのですが、バスを降りて数分後、激しい向かい風で傘が全壊。
歩こうと踏み出した一歩が進めないわ、向かい風がスゴすぎて息は出来ないわでたった5分の道のりなのに何度か建物の陰に非難しながら進み実家についた頃には頭からびしょ濡れでした…

台風の時は外に出るもんではありゃせんです

これから台風が接近する地域にこれ以上被害がでない事を祈るばかりです
[PR]
郵便局のお取り寄せ企画に「夏のカレーカタログ」というのがあり、先日注文してあったカレーが届きました!

それがこの「流氷カレー」
c0191646_22391553.jpg

カレーなのに白いルーなのです。

レトルトなのでお鍋で湯せんで5分。
c0191646_224236100.jpg

見た目はほぼホワイトシチュー。ホタテまるご入っているのでホタテの香りの中にかすかにカレーの香りがします。

c0191646_22442922.jpg

さっそく実食!!
お味はやはりホワイトソースメインで、それでいてカレーの味もちゃんとあり、コーンとホタテの味が効いていてなかなか美味!マイルドなので、ご飯に対するルーの量は多めの方が良い。でも、真夏の海の家とかではウケそうにない。
というお味でした。 シチューもカレーも大好きよ♪な方にはおススメです。

たまにはお取り寄せも楽しいですな。

真夏のカレーカタログは9月30日まで



*********
狼祭のblogが出来ました!
祭開催までの裏話など、狼祭の最新情報はコチラで
狼たちのあしあと(←クリック)
[PR]
9月15日は敬老の日・・・じゃなくてハッピーマンデーで本日が敬老の日。
今年の多摩動物園の長寿動物にロボファミリーの偉大なる母・モロが選ばれたのでお祝いに行ってきました。
と言っても、いつもと殆ど変らないオオカミ舎です。

でも手摺にはモロ長寿の張り紙
c0191646_21134155.jpg


こちらが御歳13歳のモロ。
c0191646_21192711.jpg

現在の多摩のパックはこのモロとロボの二頭から始まりました。
手前がロボ、後ろがモロ、
c0191646_2120824.jpg



真ん中のモロと子ども達
c0191646_2123216.jpg


子育て上手なモロ母ちゃん。みんな立派に成長したのは貴方のお陰です。
これからも元気に長生きして、群れをリードしてくださいね。



*********
狼祭のblogが出来ました!
祭開催までの裏話など、狼祭の最新情報はコチラで
狼たちのあしあと(←クリック)
参加アーティスト紹介でfumi工房を紹介して頂きました!
[PR]

blog更新がまた滞ってしまっていました。。。
すみません・・・

更新していなかった数日の間に、グレーの狼くんの耳がつきました。
c0191646_23443449.jpg


いつもよりちょっと立派なタテガミがこのコの特徴。
c0191646_23481951.jpg

頬の毛以外に薄いグレーの別布でタテガミを入れてみたのですが、不自然にならないかと心配でした。(内●裕也の髪の毛ようじゃないかと・・・)

耳をつけたら馴染んでくれました。 よかったよかった・・・
裕也にならなくてよかった
残すは尻尾です。





-----------------------------------------------------------
今年も円山動物園で狼祭開催します!
10月8日(土)~10月10日(月・祝)
fumi工房からは、今回は縫いぐるみの出品はありませんが、布小物を作ります!
 
公式サイトはコチラ
[PR]
昨日UPするつもりが今日になってしまいました。すみません

c0191646_9531665.jpg

日が暮れて、昼間とはまた違った雰囲気の路地裏。



さて、この竜宮美術旅館のイチオシのスポット。
それがお風呂場です。
c0191646_9583231.jpg


今もちゃんとお湯がでます
c0191646_9561195.jpg

水面が光っているのはやはり美術作品として今回は公開されているから。
入浴剤を入れた水に光をあてて光らせているとのこと。

小さい浴室ですがタイル画もあり・・・
c0191646_1005024.jpg

コンパクトなつくりでありながら、銭湯みたいで面白い。

しかし、このお風呂場の最大の特徴は浴槽上にある磨りガラスの絵。
c0191646_10397.jpg

なんともお色気ムンムンの女性がおふたり。

この竜宮旅館がある地域、黄金町・日の出町界隈といえば、地元では有名な赤線地帯。
ここも以前はそういう旅館だったそうです。
なんとも言えない雰囲気はこの建物のもつ歴史によるものなのかも知れません。

残念なことにこの建物、来年には取り壊しが決まっているそうです。。マンションが建つそうな。。。
横浜の暗い過去の歴史を物語るものではありますが、もったいない話です。

黄金町バザールは11月6日まで。(竜宮美術旅館他3カ所は500円の共通チケットが必要です)
[PR]
数日前に本屋で立ち読みした雑誌の記事に片隅に載っていた気になる建物に行ってきました。

c0191646_1155443.jpg

「竜宮美術旅館」という名のカフェです。
一階部分がカフェ、二階部分は旅館の風情をのこしたままのアートスペースになっています。

現在は「黄金町バザール」という「治安が悪い黄金町」のイメージを払拭し、アートによるまちづくりの一環として国内外のアーティストが街の店舗、高架下、空き地を使い作品を発表するイベントの会場となっています。

カフェ部分はよくある古民家的カフェなのですが、ところどころに旅館だった当時の面影を残していて、古い建物マニアにはたまらん建物です。

薄暗い廊下・・・
c0191646_130859.jpg


洗面台には金魚の絵。(手前のランプはアート作品です)
c0191646_131594.jpg


二階にはいくつか部屋があり、旅館だけにもちろん和室(天井の網もアート作品)
c0191646_134936.jpg


和室だけじゃなく洋室もあり、タイル張りの暖炉(?)のようなものも
c0191646_1351915.jpg

洋室のランプもイイ感じです。
c0191646_136143.jpg

部屋ごろにデザインが違うみたいで、こちらはこの建物のオリジナル。
c0191646_1371373.jpg


なんだか、異次元空間に迷い込んだ気分です。
時を刻んだ建物がもつ独特な雰囲気がそんな気分にさせるのですが・・・

異次元な雰囲気の理由はもう一つあるのです。。。

長くなるので続きは明日・・・ 
[PR]