ツタンカーメンの副葬品には黄金のマスクを始めとする財宝からファラオの日常品まで様々なものがありました。
カイロの考古学博物館のツタンカーメンの部屋の壁には三角形の布が展示されています。
なんとファラオのパンツ。
c0191646_21171840.jpg
人間用の本物はもっと三角形です。
今回のアヌビス様に下着を履いて頂きたい!とツタンカーメンのパンツの展示を思い出して履き方を調べて作りました。
c0191646_21203581.jpg
着用後はこんな感じ。
古代エジプトの庶民はパンツ一丁で過ごすこともあったそうです。
確かに、こんな格好の壁画もありますね。

これから腰巻きを作って着てもらいます。
テディベア座りさせると腰巻き一枚じゃ目のやり場に困るからね〜。


[PR]
アヌビスくん、耳がつきました。
c0191646_21433454.jpg
この耳、この色の前にオレンジっぽい布で作ってみたのですがイメージに合わず縫い直したもの。
そして今日は身体作り。
c0191646_21454881.jpg
腕は良しとしよう。
問題は足。
犬、猫は踵を地面につけて歩かない。
クマはヒトと同じく踵をつけて歩くので、犬猫に比べると二足歩行が容易である。
そんなこんなで人間と融合させて足のパットを踵まで作ったらクマ足になってしまいました。
これは使えないのでこれから型紙からつくり直し〜。
意外と手が掛かるアヌビス様です。

[PR]
関連会社の人が先日エジプト旅行に行ってきたー!とお土産をくれました。
エジプトにまつわる柄の描かれている小さなポーチ。「死者の書」の審判の柄です。
c0191646_06332423.jpg
旅行のお土産話を聞いていたら、久々にエジプト熱が再燃してしまいましたよ。
先日、「世界ふしぎ発見」のピラミッド特集見たばかりだったし。
再燃したエジプト熱を昇華すべく、金糸を買ってきて作り始めたのが写真右上の頭です。
c0191646_06382849.jpg
金糸は、すぐほぐれてくるし、糸自体が弱いので思い通りには行きませんでしたが何とか形になりました。
黒一色だから楽だと思ってたのに大間違いだったよ…

あぁ、エジプト、死ぬまでにもう一度行きたい〜

[PR]
連休中から製作している柴犬、本体は出来上がりました
c0191646_06262789.jpg
なかなか可愛く出来たぞ♪←自画自賛
最後、巻尾を表に返すのが大変でした。
これから、お仕事用のおめかしをします。

あと一匹縫えるくらい布が残ってるので、二匹目いけるかなー

[PR]
連休も終わってしまいました。
一日目は風邪で寝潰したものの、あとの二日間はかなり縫いましたよ
型紙作りから縫製まで、こんなに一気にやるのは久しぶり。
c0191646_06370038.jpg
昨日の5時の時点で前足まで完成。
スピード重視の時は裁断ー縫製ー綿つめーと同じ作業を纏めてやるのが効率的ですが今回は作る勢いを大事に、頭パーツ、前足、後足と各パーツを順番に仕上げていきました。
途中、首が長すぎる事に気づいて修正したり、ジョイントの位置をずらしたり。
c0191646_06404885.jpg
最終的に身体は出来上がり。
耳と尻尾がまだという状態でタイムアップ。
真面目そうなワンコになりました。
耳がつけばまた雰囲気がかわるかな♪

[PR]