GW?いつだったっけ?
と言うくらい時間が経ってしまいました……

唯一の遠出は5月3日に三浦半島へ行ったこと、
GWは混むのが初めからわかっているので(まぐろ切符)は買わずに三浦半島1day切符で行きますよ。

横須賀在住JINさんと合流してまずは三崎へ。
三崎駅のバス停はロータリーから人がはみ出すほどの恐ろしい列が出来てましたが、思っていたよりは時間もかからず乗車。
三崎港のうらりでマグロ弁当を買ってお昼。
c0191646_15475372.jpg
予想どおりまぐろ切符提携店は長蛇の列だよ。
帰る頃まで並んでる店もあったので、連休はオススメしません、まぐろ切符。

今日のお供は生まれたてのアヌビスさん、
衣装が出来てないのでパンツ一丁で参戦。
JINさんのお供のモフモフさん(仮称)とマグロ弁当に釘付けです。
カツ、煮物、チリソースのマグロが入ってボリューム満点、美味でした♪
その後、城ヶ島に渡っていつものシュノーケリングスポットで潮溜まりの生き物観察。
今回初めてタコが泳いでるのを見ました!
しかもいつも普通に泳いでる場所で!
写真撮りたかったなー!

さて、先日ツイッターで三浦半島に狛狼のいる神社があるという情報を入手したのでついでに行ってみることに。
マホロバマインズというホテルの裏とのことでしたが…。
地元住民JINさんの案内でホテルの裏側から偵察するとホテルの裏口に三峯神社の文字が。
c0191646_18110766.jpg
思いっきりホテルの敷地内でした。
c0191646_18120474.jpg
お社もちっさ!狛狼もっと小さっ!
このサイズのぬいぐるみなら作ったことあるよ!ってなサイズ。(←解りにくいたとえ)
c0191646_18132381.jpg
小さいけど珍しい遠吠えポーズ。
家に置くならこのサイズはお手頃ね。
c0191646_18271879.jpg
左右ともにお口は開いていました。阿吽になってたらもっと良いのに。
とても新しそうに見えましたが昭和55年生まれでした。
30年越えてるのにピカピカだったのでホテルの方がマメにお手入れしてるのかも。
狛狼にしては若い方ですが、遠吠えポーズはマズルがほそくて脆いので、この綺麗なまま100年後まで残って欲しい。

c0191646_18323586.jpg
口の中にお賽銭入れるなー!
この神社お賽銭箱がなかったのでこういうことをされてました。
恐れ多いので私達は足元にお賽銭置いてきましたよ。

小さいけれど、まさに狼の狛狼さま。
牙もあってお顔も素敵でした。
まさか三浦です狛狼に会えるとは!
海も狼もグルメもある三浦半島はやっぱり楽しいなー

[PR]
昨日のこと。
ネット上では一切作成していることをUPしていなかった犬を東京・中野へ旅立たせました。
それがこの子。
c0191646_2335141.jpg

毎年、中野にあるテディベアショップ・アイザックベルさんのアニバーサリー企画に参加させて頂いているのですが、製作ペースが追いついてなく納品できるかギリギリの状態だったためUPを控えておりました。
 先日のブログで本体完成していた子とは同じ型紙の別犬なのです。
c0191646_23385284.jpg

和犬なので、古布の襟巻きを巻いてます。 
 ザ.和犬ってことで「和風総本犬」っていうふざけたタイトルつけましたが、豆助ではないですよ。 成犬ですから。 
チャームポイントは??肉球見せポーズでアピール
c0191646_23421377.jpg


テディベアアイザックベルさんは今年で18周年。テディベア愛にあふれたお店です。
12日からはモヘアセールもあるそうですよ。 ウチのワンコも店頭で愛想を振りまいているはず。。。
抽選販売となりますので、詳しくはアイザックベルホームページをご覧くださいませ→☆

宜しくお願い致します。
[PR]
ゴーデンウィーク前半の土日は巨狼の細かい部分を作成。
c0191646_18040225.jpg
ちまちまと小細工すると棒の様だった足が、ちゃんと足になります。向かって右が小細工後。
ここからもうちょいペイント等をして、もう少し立体感をつけます。

私は身体がだいたい出来上がってから耳と尻尾の型紙を作る派。
c0191646_18084547.jpg
出来上がったボディや頭に紙をあてて切りながら形をきめます。
今回はデカイので広告を切り抜いて尻尾の型をとりました。

今日は帰ったら先ずは尻尾を縫おう!←仕事帰りの電車なう。スマホから投稿ーこういうところはスマホ便利ね〜♪

[PR]
デッデカイ!
リアル柴犬級かっ!
c0191646_23104030.jpg
まだヤツは未完成のようだ!
耳も目も尻尾もないぞ!
c0191646_23123683.jpg
ぎゃあああー!!

試作狼、自分史上最も大きい作品となりそうです。いつもの狼ぐるみから見るとまさしく巨人。
6月の百職人展でお披露目を目指しています。
心配だった綿詰め後も何とかなりました。
耳と尻尾はゴールデンウィーク作業かな

[PR]
ツタンカーメンの副葬品には黄金のマスクを始めとする財宝からファラオの日常品まで様々なものがありました。
カイロの考古学博物館のツタンカーメンの部屋の壁には三角形の布が展示されています。
なんとファラオのパンツ。
c0191646_21171840.jpg
人間用の本物はもっと三角形です。
今回のアヌビス様に下着を履いて頂きたい!とツタンカーメンのパンツの展示を思い出して履き方を調べて作りました。
c0191646_21203581.jpg
着用後はこんな感じ。
古代エジプトの庶民はパンツ一丁で過ごすこともあったそうです。
確かに、こんな格好の壁画もありますね。

これから腰巻きを作って着てもらいます。
テディベア座りさせると腰巻き一枚じゃ目のやり場に困るからね〜。


[PR]