1チーム目の犬が結合してしまうハプニングで始まった今年の犬ぞり。

少し走ったところで結合が解かれた1チーム目が一番出走に戻るのを待って再び出発。
犬を橇に繋ぐ時は男女のペアになるように繋ぎます。今回はシーズン初で久々に男女がお近づきになった事から、犬達の恋愛スイッチが入ってしまった模様。

それでも折り返し地点までは問題なくツアーは進みました。

いつもと違うこのコース、登りもないけど下りも少ない。思い切り走る場所が少ないのですが、唯一の長い帰り道の途中、
前を走る男子チームの犬達が団子状況になり止まってしまいました。
c0191646_21532384.jpeg
↑ウチのチームのワンコ達(リード犬のエルとコジオ)

雪が浅くアンカーが効かないので暫く様子を見てましたが、前の橇の犬達は絡まっていくばかり。
何とかアンカーが刺さる場所を探して、前の橇のワンコ達の紐を解いているとダンナの橇が追いつきました。

縄解きををダンナに任せて、私は自分のチームとダンナのチームを見ている事に。
ダンナチームのワンコもラブラブモード全開な子がいていつもより集中力に欠てるそうで。

ダンナが問題の橇の世話をしている間、ダンナチームも結合しないよう見張り、問題のワンコが、空振りで腰を振ったりしてヒヤヒヤ。

スノーモービルで追走していた係の人達も追いつき、前チームのワンコのリード犬を入れ替えてみたものの、また絡まるワンコ達。
もう完全に置いていかれた状態で前に進むことを拒否し始めるワンコ。
「後ろの橇を前に出して犬達に目的意識を持たせてみては?」というダンナの提案で、通常は追い越し禁止のツアーですが、私の橇を前に出して追いかけてもらう形にしました。
c0191646_00141408.jpeg
↑後ろを引くサンとメイ

走りたいのに長く待たせてしまったので、ウチのチームも集中力が切れた上、前を走る橇もいない。
リード犬のコジオが何度か振り返り止まってしまいます。
その度にブレーキをかけ、橇を押し戻して、たるんだリードにすこしテンションを掛けてやり、「コジオ!ハイク! いいから走って!」
と何度も声をかけてノロノロと走りだす橇。

後ろのゴタゴタチームも何とか後をついてきました。見ると後ろチームのリード犬、ジリーさんじゃないの!
「ジリー!」と呼んだら、何となく目があった気がしました。

コジオも「いいんだよね?」と何度か振り返ってくるので、その度に声を掛け、「どうか止まらないように」心の中で祈りながらの帰り道でした。

あまりに後続が来ないのに気づいた村林さんがバギーで迎えに来てくれて、バギーのライトが見えたとたんにチーム全員がホッとしたのが分かりました。
特に不安一杯だったコジオが自信を持って走りだし、後続チームも無事ゴール。
最後のダンナチームがゴールした直後に日没。振り返ると今まで走ってきた林の道は真っ暗に。
まさにギリギリでした。
頑張ったワンコ達をねぎらう時間もなく、帰り仕度もギリギリ。
バス停まで送ってもらい無事旭川行きのバスに乗れたのでした。

いやー今回の犬ぞりツアー、いろいろ大変だったわー。
こういう状況で言う事を聞いてくれた犬達には感謝です。

次回は念のために懐中電灯持参して参加しようと思ったのでした。



# by arshakuma | 2019-01-03 21:44 | | Comments(0)
年が明けてしまいましたが、去年行った犬ぞりのレポです。
今回は毎度お世話になっているアウトライダーさんの今シーズン初のツアーに参加。

例年になく雪の少ない今年の冬。
それは北海道も同じでした。
いつもはアウトライダー本拠地の旧白滝小学校から出発するのですが、雪が足りない為、車で10分程のハイキングコースを走ることになりました。
私達以外のメンバーは関東から来た女の子2人、同じく関東から来てレンタカーで来たカップルの計6名。
まずは犬達をトレーラーに乗せていきます。
c0191646_20493448.jpeg
トレーラーまで引き綱をつけて犬を連れて行くのですが、ちょっと道草をする犬や、他の犬にケンカをうる子など様々。
次々と乗せていき、最後の方で連れ出したのが最年長の姉御、ジリーさん。
c0191646_20531986.jpeg
↑秋に会った時のジリー姐さん

「待ってました!」とばかりに脇目も振らずトレーラーへ一直線。自分からトレーラーに飛び乗っていきました。さすがベテラン。
c0191646_20553070.jpeg
↑トレーラーはこんな風に個室になっています。

c0191646_20582641.jpeg
遠征先にはそりに繋ぐまで犬を待機させる場所が2チーム分しかありません。

その為、犬をトレーラーから下ろし、すぐハーネスを付けて橇へ連れて行って出発させ、また次を下ろして、、、という流れ作業でツアーが始まりました。
私達夫婦は何度も参加してるので最終滑走。
私が5番目、ダンナが最後です。

最後の橇が出発した後、何故かツアーが止まってしまいました。
早く行きたい犬達。しかし、雪が少ない今年の道はアンカー(そりを留める為の金具。深く雪に差し込んで橇をとめる錨の役目をする)が効かないのでずっとブレーキを踏み続けるしかありません。
こんなこんなしてる間にウチのチームの2列目を引くサンがハーネスを噛み切ってしまいました。

出走の遅れの理由はなんと第1滑走のリード犬が交尾を始めてしまったとのこと。
犬の交尾は一度結合すると10分近く結合状態が続くのです。
サンは替えのハーネスに替えてもらい、
とりあえず、最前列のチームを抜いて行く事になりました。

長くなるのでつづく







# by arshakuma | 2019-01-03 20:33 | | Comments(0)
さてさて、今年も残すところあと数時間。
毎年恒例の覚え書きを、したいと思います。
まずはリッティベアさんで行われた作品展。
c0191646_17295520.jpeg
リーマン彼ウルフ
リーマン彼ハスキー
ボーダーシャツの彼ウルフ
c0191646_21565830.jpeg
お座りゴールデン
ミニチュアダックスフント
お座りハスキー
お座りボルゾイ
ミニチュアファーの子狼
の計8匹で出陣しました。

5月に毎年参加させて頂いているアイザックベルさんのアニバーサリー作品にシェパードのビリーを製作。
c0191646_21580941.jpeg
御嶽神社参道の千本屋さんにチビウルフ
c0191646_09330808.jpeg
リッティさん20周年、ネイアニ、千本屋さんにパクパク6ジョイントウルフ3兄弟を。
c0191646_21314084.jpeg
ぐるぐるマーチは恒例のやみくま。
c0191646_17380926.jpeg
雑貨としてはネッククーラーを博物ふぇすと千本屋さんで販売しました。
c0191646_23323207.jpeg
その他、
ネイアニで 、半分青いお座りオオカミ
博ふぇすの狼祭ブース用リアル体重仔柴犬
c0191646_14321715.jpeg
マフラー12本
旅ぐるみ狛狼タイプ
を製作。

ぬいぐるみ系は計30体。
ネッククーラー10本。

こうやって書き出すと思ったより数が多かったかもー!
しかし完全新作はチビウルフとネッククーラーだけなので、来年こそは色々挑戦したいです。





手作り以外では
毎年年越しをしている武蔵御嶽の宿坊で今年最後の作品が出来上がりました。
c0191646_09443778.jpeg
数年ぶりに少し型紙を手直しして、頭でっかちの旅ぐるみタイプです。
神社参道の千本屋さんに納品する為、前掛けをさせました。
c0191646_09461331.jpeg
デフォルメしすぎ?
c0191646_09471927.jpeg
お宿で仕上げたので前掛けが全て手縫いです。
頭がデカいとダンナには不評ですが、可愛いと思うんだけどなぁ(笑)
お気軽にお出かけのお供にできる範囲気になってます。

元旦から武蔵御嶽神社参道の千本屋さんにて販売致します。
2019年の初詣は武蔵御嶽神社⛩へ


リッティさんに出したオオカミの次男坊は御嶽へ。
c0191646_09570266.jpeg
使用している布は最初の子と同じですが組み方が実はちがうのです
c0191646_09590937.jpeg
瞳の色もグリーンです。
11月に千本屋さんに納品しました。
その後お迎えがありました。遠いところまでお迎えに来て下さりありがとうございました。